憧れを着る

結婚式用のグラス

結婚に際して和装での前撮りをする人は、今後も増えていくと思われます。近年の和装ブームで白無垢や色打掛を一生に一度は着てみたいという人が増えてきているからです。ウェディングドレスにも憧れている人が多いため、和装は前撮りでと考えている人が増えてきているからです。結婚式や披露宴以外に前撮りをする新郎新婦は半数以上に上っているという統計もあります。最近ではおめでた婚が結婚するカップルの4分の1以上を占めるといわれています。ですので、妊娠を理由に結婚式や披露宴はしないもしくは産後に行うといった人であっても、前撮りならば時間をかけずに行えるからです。このため、和装の前撮りを行う人は増えてくると考えられます。

まず、和装での前撮りで注意すべき点は料金についてしっかり納得したうえで行う必要があるということです。ヘアメイクや衣装の代金が撮影料金に含まれていないため安いということもあります。特に和装では、生花を髪飾りに使ったりしますので飾りや小物のレンタル料金についても確認しておくことが必要です。さらには自分の着物などを持ち込んだりする場合は、持ち込み可能かということはもちろんのこと、持ち込み料金や持ち込み割引についても確認しておくことが必要です。さらには、写真仕上がり時にはデータを購入すると、結婚式や披露宴などでウエルカムボードとして使うこともできますが、データの販売はしていないところもあります。ロケーション撮影を行う場合は出張費などの費用はどうなるか、雨の日などは延期なのかスタジオでの札絵になるのかなどを注意しておきます。


© 2015 結婚写真で思い出作り~フォトウェディングで記念をゲット~. All right reserved. Design by Boot'sshop

このエントリーをはてなブックマークに追加