着替える手間

美しい指輪

洋式の結婚式をあげるなら和装は前撮りしましょう

洋式の結婚式を挙げる場合はウェディングドレスやカラードレスを着た写真を撮ることができます。ドレスを着て前撮りすることもできますが、式に参列してくれた招待客に囲まれた写真の表情はまた格別なものです。しかし、洋式の結婚式の間に和装への衣装を変えるのは大変です。式場で写真を撮っても様式に結婚式と和装は合わないことが多いと思います。式が洋式なら和装は前撮りすることを勧めます。ドレスに比べて歪みがわかりやすいため、姿勢を正す必要があります。いつも以上に意識して撮影しましょう。和装は日本ならではの良さがあります。結婚は一生に一度のことでもあります。たくさんの形に残る思い出を作るためにも和装の前撮りをしてみるのもいいと思います。

納得いく写真を思い出として残すために必要なこと

和装と言ってもいろいろな種類があります。引き振袖と言って裾を引いた振袖があります。これはもともと武家の婚礼衣装とされていました。白無垢は足袋、草履、掛下を白で統一したものです。悪い邪気を払い神聖な儀式に臨むことを表していて、代表的な結婚式でも和装です。色打掛はその名の通りさまざまな色を使用したものです。振袖とは違うものです。写真の仕上がりは選ぶスタジオに大きくかかわってきます。技術面はプロのカメラマンなら変わりはないですが、自分の思い描くイメージを共有してもらえるかが大事です。何件かスタジオを比べて自分が話しやすいスタジオに決めるのがいいと思います。悔いのない前撮り写真を撮って思い出に残しましょう。


© 2015 結婚写真で思い出作り~フォトウェディングで記念をゲット~. All right reserved. Design by Boot'sshop

このエントリーをはてなブックマークに追加